FC2ブログ

0 Comments
トルストイの「悪魔」とフォークナーの「嫉妬」

 この「悪魔」の主人公・エヴゲーニイは、社会的には恵まれた身分と言えるが、
いわゆる性欲の問題で悩んでいた。

 ごく一般的の人間は、男とはこんなもんだろう、という感覚で、主人公のような立場になっても、
深く悩んだり女性をことさら避けようともしないのではないだろうか?

 男は決着をつけるために、自らの頭にピストルをつけて引金を引いた。


一方、
フォークナーの「嫉妬」では、若いボーイが妻と心を通い合わせていることに嫉妬して、
逡巡した挙句、骨董屋の古いピストルを手にボーイに向けて引金を引く。


一方はロシアの文豪トルストイの短編。
後者は、アメリカ合衆国のノーベル賞作家の短編。

私にとっては、どちらも新鮮な作品であった!
スポンサードリンク
いちい
Posted byいちい

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply